h123bouの日記 - 2012

h123bouについて




2012年12月09日(Sun)▲ページの先頭へ
甘木リンドウ
過去の花です。今は咲いていません。mーーmご免なさい。



2012年12月08日(Sat)▲ページの先頭へ
ナデシコ
我が家の花です。





2012年12月02日(Sun)▲ページの先頭へ
黄葉・紅葉
近くの公園です。

もう大夫散っていますが、まだまだ綺麗です。

来年も見ることが出来るかなぁ。





2012年11月23日(Fri)▲ページの先頭へ
皇帝ダリア
我が家の花です。

皇帝ダリアが満開に咲き誇っています。雨にも風にも負けず咲いています。

・菊科。
・学名
Dahlia imperialis
Dahlia : ダリア属
imperialis :
皇帝の、威厳のある
Dahlia(ダリア)は、
18世紀のスウェーデンの
植物学者の
「Dahl ダールさん」の
名前にちなむ。



・メキシコ地方原産。
・背が高い。
・秋深い11、12月頃に、
ピンク色の花を
いっぱい咲かせる。
・「木立」を「きだち」と
読むこともあるが
この木の場合は
「こだち」と読むことが
多いようだ。
・別名
「皇帝(こうてい)ダリア」

・つぼみ状態が似ている
蓮華升麻
季節の花300皇帝ダリアより引用しました。


2012年11月17日(Sat)▲ページの先頭へ
ツワブキ
・菊(きく)科。
・学名
Farfugium japonicum
Farfugium : ツワブキ属
japonicum : 日本の
Farfugium(ファルフジウム)は、
ラテン語の
「farius(列)
+ fugus(駆除)」が語源、
といわれるが諸説あり。



・開花時期は、10/15 〜 11/末頃。
・葉は蕗(ふき)に似ている。
名前は”つや”のある葉から
”つやぶき”。
それが変化して
「つわぶき」になった。
・きれいな黄色の花。

・冬から春にかけて、
若葉をつみとって
塩ゆでにするとおいしいらしい。
葉を火であぶったものは
腫れ物や湿疹に薬効がある。
・「キャラブキ」や
九州名産の「佃煮キャラブキ」は、
このつわぶきの葉っぱで作られる。
・12月28日の誕生花(石蕗)
・花言葉は
「困難に傷つけられない」(石蕗)



季節の花300ツワブキより引用しました。



2012年11月15日(Thu)▲ページの先頭へ
皇帝ダリア
我が家の花です。風や雨に打たれてだいぶ花びらが飛んでいますね。ちょっとかわいそうな写真になりました。

成長すると3〜4mにもなる事から皇帝と名付けられました。
別名:木立ダリア
丈が3〜4メートルにもなります。花はピンク色で直径約20センチメートルの 大輪の花が茎の頂上につけます。晩秋の頃、空にそびえて立つ姿は圧巻です。


皇帝ダリアより引用しました。



2012年11月14日(Wed)▲ページの先頭へ
ビデンス
世界中に約230種が分布するキク科の草花で一年で枯れてしまうものと毎年花を咲かせるものがあり、日本でもセンダングサなど6種が自生しています。ビデンスの名前はラテン語の「2」と「歯」を意味する単語の合成語で、実に歯のような2本のトゲがあるところからきています。
 現在栽培されているものは主にフェルリフォリア種とラヴェイス種の2種とその園芸品種や栽培種です。
 フェルリフォリア種はメキシコ原産で茎が立ちあがるものと這うように伸びていく2タイプがあります。コスモスに似た5枚の花びらを持つ黄色い花を咲かせます。開花時期は主に夏から秋ですが、暖かい地方では真冬を除いてほぼ周年花を咲かせます。
 ラヴェイス種はフロリダやテキサスが原産で5-8枚の花びらをもった黄色い花を咲かせます。開花期は主に秋〜冬で、コスモスに似た花を冬に咲かせるということで「ウインターコスモス」の名前で普及しました。現在ではフェルリフォリア種もその名前で呼ばれることが多く「ビデンス=ウインターコスモス」のような感じで流通しています。
 品種として花びらの先端が白くなるコトヒメやイエローキューピット、クリーム色の花を咲かせるアイボリーホワイトなどがあります。


ヤサシイエンゲイより引用しました。




2012年11月13日(Tue)▲ページの先頭へ
ホトトギス
我が家の花です。

東アジアを中心におよそ20種が分布する毎年花を咲かせる多年草で、その内の10種が日本に自生します。茎が湾曲や下垂して花を咲かせる姿は風情があり、山野草として人気の高い植物です。

斑点のある花びらが、ホトトギス(鳥)のおなかにある模様と似ているためこの名前があります。また、若葉に油染みのような斑点があるので、ユテンソウ(油点草)の別名があります。

主な開花期は夏〜秋で通常花びらは6枚あります。杯状で上向きに咲くタイプと、釣鐘状で下向きに咲くタイプがあります。種ごとに独特の個性があり、それもこの植物の魅力となっています。

種によって性質に差はありますが、全体としてはやや暑さによわく、夏に葉が茶色く傷んで開花期に株姿が悪くなることも多々あります。葉がきれいな状態で花を咲かせた姿は、ばしっ!と決まった雰囲気です。

属名のTricyrtis(トリルキルティス)は「3つの距」という意味で、花の基部に3つの距ができるところから付けられました。距(きょ)とは花びらやがくが変化した突起状の部分で中は空洞になっており、主に花の後ろ側にできます 。


ヤサシイエンゲイより引用しました。



2012年11月11日(Sun)▲ページの先頭へ
ヒメノウゼンカズラ
我が家の花です。今頃まで咲いています。

ヒメノウゼンカズラの花はハニーサックルによく似た花を咲かせるノウゼンカズラの仲間です。花は夏から秋に咲きますが、秋によく花を咲かせます。南アフリカの植物でノウゼンカズラよりも少し寒さに弱いので、鉢植えで育てると安心です。暖地では庭植えで落葉して越冬します。(葉っぱの岬より引用しました。)



2012年10月21日(Sun)▲ページの先頭へ
ムラサキシキブ
花ではありませんが、みた目がきれいです。
・熊葛(くまつづら)科。
・学名 Callicarpa japonica
Callicarpa : ムラサキシキブ属
japonica : 日本の
Callicarpa(カリカルパ)は、ギリシャ語の
「callos(美しい)+carpos(果実)」が語源。
「美しい実」の意味。



・山野などに生える。
都会では、植物園以外ではあまり見かけない。
・紫色の実の清楚な美しさを、平安美女の「紫式部」
(西暦1000年頃の人)にたとえた。
また、紫色の実をびっしりつけることから「紫重実、
紫敷き実(むらさきしきみ)」と呼ばれていたものが、
いつのころからか源氏物語の作者・紫式部を連想させて
「紫式部」となっていったとの説がある。

・よく似た「小紫」は、紫式部を小さくしたものなので
この名前になった。

紫式部 → やや大型(背が高い)。実も大きめ。
実は比較的バラバラにつける。
小紫 → やや小型(背が低い)。実も小さめ。
実は枝に沿ってかたまるようにつける。
季節の花300ムラサキシキブより引用しました。


2012年08月04日(Sat)▲ページの先頭へ
モミジアオイ
近所の家に咲いていました。我が家にもありますが、開花はまだ先のようです。

ヤサシイエンゲイには次のような解説が載っていました。

北アメリカ東南部の湿地を故郷とするハイビスカスと同属の植物で、紅蜀葵(こうしょっき)とも呼ばれます。冬は地上部が枯れて根の状態で越し、毎年花を咲かせる宿根草(しゅっこんそう)で、草丈は2mにもなる大型の草花です。


主な開花期は夏、5枚の花びらを持ち大きさは径15cm〜20cmで色は鮮やかな緋色、表面に光沢があります。花びらの幅はやや細くて重なりません。朝咲いてその日の夕方にはしぼんでしまう短命な花ですが、つぼみはそれなりの数付いてシーズン中は休みなく次々と咲きます。葉は大きく5つに裂け(正確には3裂〜7裂くらいまで差がある)、線の細いモミジ(カエデ)のような姿をしており、そこからモミジアオイの名前が付きました




2012年07月29日(Sun)▲ページの先頭へ
ヤナギバルイラソウ
近所でみました。我が家にもあったのですが、下水道の工事で取り外されました。

ヤナギバルイラソウには次のような解説がついていました。


ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草) は、春〜晩秋まで長期間、葉腋から花茎を出してその先に紫色の一日花を咲かせるキツネノマゴ科ルイラソウ属の半耐寒性常緑小低木です。ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)の花冠は、5つに深く切れており、花弁に多数の皺が見られます。花が終わると萼と雌しべを残して、花冠がそっくりそのまま落ちます。花後に莢が出来て、中には茶色い種子が沢山入っています。葉は柳の葉に似て細長く、緑色の葉には紫色の葉脈が走ります。また、葉縁には鋸歯があり、葉の付き方は対生です。




2012年07月27日(Fri)▲ページの先頭へ
コエビソウ
我が家の花です。海老のように腰が曲がって見えます。面白い花です。

コエビソウの解説には次のように書いてありました。


・狐の孫(きつねのまご)科。
・学名 Beloperone guttata
Beloperone : コエビソウ属
guttata : 斑点模様をもつ
Beloperone(ベロペロネ)は、
ギリシャ語で「矢のとめ金」を意味し、
花のまわりの重なり合った部分の形から
連想された。

・メキシコ原産。1931年頃に渡来。
・温室でよく見かける。
・花の形が海老の尾のように曲がっている。
下向き。鱗(うろこ)状。
・低温下ではあまり育たないらしい。





2012年07月26日(Thu)▲ページの先頭へ
ゼニアオイ
病院の花壇でみました。コモンマローかな?とも思ったのですが、どうやら違うようです。

ゼニアオイについては次のような解説が「ゼニアオイ」として載っていました。


ゼニアオイは地中海沿岸原産の帰化植物。河川敷や線路脇の空き地、高架橋の下などの荒地に生育する強健な越年性の2年生草本。劣悪な環境にも生育ができるのは地中海気候にも適応した種であることも関係あろう。草丈は1.5mほどになり、株元から分かれて直立する。葉は円形から浅く5裂あるいは7裂する。花は6月から10月にかけて次々と咲き、直径3cmほど。花弁は淡紫紅色で濃色の筋がある。基本種のウスベニアオイは茎に開出毛がある点と葉が中〜深裂する点が異なる。





2012年07月25日(Wed)▲ページの先頭へ
コスモスがもう開花しました。
我が家の花です。コスモスがもう開花しました。少ししか咲いていませんが、蕾は沢山あるのでこれから咲いていくのでしょう。

「コスモス(秋桜)」には次のような解説が載っていました。

・菊(きく)科。
・学名 Cosmos bipinnatus
Cosmos : コスモス属
bipinnatus : 2つの羽状の
Cosmos は、ギリシャ語で「飾り」の意味。


・開花時期は、 7/25頃〜12/10頃。
・原産地メキシコ。
メキシコから、1876年頃にイタリアの
芸術家が日本に持ち込んだのが最初、
との説がある。
・秋の代表花だが、早いものは夏のあいだから
咲き始めている。
早咲き遅咲きあり。

・外来品種だが、日本の風景に合っている
・「秋桜」の字は、主に秋に咲き、花弁の形が
桜に似ているところからの和名。
・"コスモス(cosmos)"の語源は、ギリシャ語の
「秩序」「飾り」「美しい」という意味の
「Kosmos, Cosmos」の言葉に由来する。
このことから、星がきれいにそろう宇宙の
ことを、cosmosと呼び、
また、花びらが整然と並ぶこの花も
cosmosと呼ぶようになった。


・台風などで倒されても茎の途中から根を出し、
また立ち上がって花をつけるというほど強い。
(弱々しい見た目とはだいぶ違うようです)
・葉は線のように細い。
・7月16日、8月14日、10月5日の誕生花
・花言葉「乙女のまごころ、愛情、たおやかさ」






2012年07月24日(Tue)▲ページの先頭へ
ハクチョウソウ
我が家の花です。ぽつぽつと咲いてきました。ハクチョウゲと思っていましたが、間違いでした。ややこしいですね。

shuさんのHPには次のような解説がありました。


  
北アメリカの中南部からメキシコに分布しています。明るい林内や草
  地、道ばたなどに生え。高さは60〜120センチになります。葉は狭
  披針形で粗い鋸歯があります。6月から10月ごろ、長い花茎を伸ば
  して総状花序をだし、たくさんの白い花を咲かせます。名前は、この
  花のかたちがチョウチョが舞うように見えることから。花色がピンク色
  や赤色などの園芸品種もあります。別名で「ヤマモモソウ(山桃草)」
  とか「ガウラ(Gaura)」と呼ばれます。  

  アカバナ科ガウラ属の多年草で、学名は Gaura lindheimeri。
  英名は Bee blossom。




2012年07月23日(Mon)▲ページの先頭へ
デュランタレペンスタカラズカ
我が家の花です。やっと3メートルぐらいの高さになりました。まだまだ高くなるようです。

紫がきれいに見えます。

ヤサシイエンゲイでは次のように解説しています。


デュランタの仲間は南アメリカを中心におよそ30種が知られていますが、ふつう「デュランタ」の名前で栽培されているのは、デュランタ・レペンス(エレクタ)という種です。

レペンスはキーウェスト島(フロリダ)〜ブラジル ・西インド諸島に分布する熱帯性花木で大きくなると樹高は6mになります。標準和名はハリマツリで、そのほかにタイワンレンギョウの別名があります。分類上は常緑樹ですが、日本で秋から冬にかけて低温で落葉することが多いです。花木もしくは観葉植物として扱います。気温があれば一年を通して開花しますが、一般的には春から秋が開花期です。花色は青紫で垂れ下がる花茎に径1cmほどの花を房状に咲かせます。花後にオレンジ色のつぶつぶとした果実がたくさんつきます。

花色が濃い青紫で、花びらに白い縁取りが入る'タカラヅカ'が広く出回っています。葉っぱが明るい黄緑色で光沢のある'ライム'は葉っぱを鑑賞する品種で、寄せ植えや花壇の縁取りに利用されます。

デュランタの名前は16世紀の植物学者C.デュランテスにちなみます。




2012年07月22日(Sun)▲ページの先頭へ
分かりません
名前が分かりません。何方か分かる方は教えて下さい。




2012年07月21日(Sat)▲ページの先頭へ
木槿(むくげ)の八重です
我が家の花です。今は7,80センチぐらいの高さですが、大きくなると3,4メートルになるらしいです。

Wikipediaには次のような解説がありました。

インドや中国が原産で、中近東にも自生している。日本へは奈良時代に中国から渡来し、和歌山県や山口県に野生のムクゲがあったとされる。 夏から秋にかけて白、紫、赤などの美しい花をつける。薬用のほか、鑑賞用に多くの品種がある。俳句では秋の季語である。







2012年07月20日(Fri)▲ページの先頭へ
ゼラニューム
我が家の花です。葉っぱの模様が面白いです。葉っぱだけ見ても良いです。

ゼラニュームの解説には次のように書いてありました。


・風露草(ふうろそう)科。
・学名 Pelargonium zonale
Pelargonium : テンジクアオイ属
zonale : 環状の紋のある
Pelargonium(ペラルゴニューム)は、
ギリシャ語の「pelargos(コウノトリ)」が
語源。実の形がこのくちばしに似ていることから。

・開花時期は、ほぼ1年中。
寒い冬でも、最高気温が10度くらいまであれば
ずっと咲き続ける。
・色はさまざま。
・南アフリカ原産。
江戸時代にオランダから渡来した。

・以前、「ゼラニューム属」に属していたため
ゼラニュームの名前をそのまま使用して
今に至る。(現在はテンジクアオイ属)
・「ゼラニウム」とも読む。
・ハンガリーの国花。
・別名 「天竺葵」(てんじくあおい)

・1月26日の誕生花(ゼラニューム)
7月5日の誕生花(アイビーゼラニューム)
・花言葉は「慰安」(ゼラニューム)
「婚礼の贈り物」(アイビーゼラニューム)




2012年07月19日(Thu)▲ページの先頭へ
コモンマローかな?
撮影は5月中旬です。パソコンの中で眠っていました。名前が分からずそのままにしておいたのですが、多分「コモンマロー」かなあ?と思い載せることにしました。間違っている可能性大です。コモンマローの解説には次のように書いてありました。

学名  Malva sylvestris  和名  ウスベニアオイ
科属名  アオイ科ゼニアオイ属
原産地 ヨーロッパ   利用部分 花、葉、茎、根、種





鮮やかなブルーがピンクに変わるハーブティーで有名。
そのハーブティーは優れた薬効があり、のどの痛みや
炎症を鎮めるので風邪を引いたときなどに。
花はエディブルフラワーとしても利用できる。
花が咲く前の葉は、やわらかくビタミンA、B、Cを
含んだ健康野菜にもなる。乾燥した花は入浴剤としても
利用でき、美容効果がある。






2012年07月18日(Wed)▲ページの先頭へ
野カンゾウ??
散歩中に見ました。間違っている可能性大です。何方か教えて下さい。

ノカンゾウ(野萱草) は、夏、日本全国の野原の湿った場所で、花茎の先に橙色の一重の花を咲かせるユリ科ワスレグサ属の多年草です。ワスレグサ(忘れ草)の変異体で、他のワスレグサ属の花と同様、一日花ですので朝咲いて夕方には萎びます。花の色には濃淡があり、赤みがかかっているものはベニカンゾウ(紅菅草)と呼ばれます。葉は細長く弓なりに曲がります。花や若葉、芽は食用となり、全草及び蕾を乾したものは金針菜という生薬になります。似た花に、八重咲きのヤブカンゾウ(藪萱草)、高原で黄花を咲かせるニッコウキスゲ(日光黄菅)、夕方から咲くユウスゲ(夕菅)などがあります。




2012年07月17日(Tue)▲ページの先頭へ
モスラ対ゴジラ???
「モンシロチョウ」と「サルビア・レウカンサ」です。偶然撮れました。

サルビア・レウカンサは次のように解説がありました。(サルビア・レウカンサ)より

・紫蘇(しそ)科。
・学名 Salvia leucantha
Salvia : サルビア属
leucantha : 白い花の
(レウカンサ)
Salvia(サルビア)は、ラテン語の
「salvare(治療)」「salveo(健康)」
が語源とされる。
この種の植物は薬用になるものが多い
ことから。


・ハーブの一つ。
・青紫色で綿につつまれたような花が
秋に咲く。よく見かける。
・「アメジスト」とは「紫水晶」のことで、
装身具に用いられる宝石。
2月の誕生石。「アメシスト」ともいう。
・大きく分類するとサルビアの一種。
・「サルビア・レウカンサ」
「メキシカンブッシュセージ」の名でも
呼ばれる。
・この花の別名は「セージ」だが、
これとは別のセージという花もある。


色々な名前がついている花のようですね。



2012年07月16日(Mon)▲ページの先頭へ
マツバボタン
我が家の花です。この花も夏の定番ですね。

「ヤサシイエンゲイ」には次のような解説がありました。

春にタネをまいて夏から秋に花を楽しむ春まき一年草で、夏の定番草花の一つです。同じ仲間(属)のハナスベリヒユもポーチュラカの名前で広く出回り、夏花壇や鉢植えに広く利用されています。

細い茎は細かく枝分かれして、這うように広がっていきます。葉は肉厚の棒状で先端がやや尖っていて短いです。茎、葉とも多肉質で水分をたっぷり蓄えられ、乾燥に強いです。茎の先端につぼみを付けて、大きくふくらんだものから1輪ずつ咲いていきます。花は短命で1〜2日程でしぼんでしまいますが、すぐに新たなつぼみが開いて夏の間は次々と花を咲かせてくれます。花は径3cm〜5cmほどで、一重と八重咲きがあります。色は赤、ピンク、サーモンピンク、オレンジ、黄、白など豊富で絞り模様もあります。おしべは軽く触れるとめしべの方向に動くおもしろい性質があります。





2012年07月15日(Sun)▲ページの先頭へ
ドクダミと小さなアジサイ
雑草ですが、一応我が家の花です。「草木図譜」には次のような解説がありました。

ドクダミはやや日陰の湿った場所を好む草で、野山や空き地などいたる所で見ることができます。開花期は6〜7月で、ほの暗い木立の下などに咲くドクダミの花の白さには、いつもはっとさせられます。この白い部分、4枚の花弁のように見える部分はじつは本当の花弁ではありません。これは総苞片(そうほうへん)と呼ばれる器官で、そして中心部の黄色い部分、しべのように見える部分はたくさんの花の集合体です。つまりたくさんの小さな花が集まって、ひとつの大きな花のように見える形を作っているのです。なお本当の花、小さなひとつひとつの花に花弁はありません




2012年07月14日(Sat)▲ページの先頭へ
フクシア
我が家の花です。母の唯一の楽しみである園芸ですが、最近は疲れがひどくなって来ているようで、30分、1時間するのがやっとの状態です。私が手伝えればよいのですが、なかなか時間が合わず、母一人でやっています。もうそろそろ限界かも知れません。

さて、今日の花は「フクシア」です。ヤサシイエンゲイには次のように解説していました。

つぼみはまん丸なくす玉状で、花が開くとイヤリングのような可憐な花が下向きに咲きます。「ホクシア」「フクシア」とも呼ばれますし、英語では「レディー・イヤー・ドロップス」とも呼ばれます。

外国では非常にたくさんの品種が見られ、茎が直立する「立性」たれさがる「下垂性」その中間の「半立性」の3つのパターンに分類されます。立ち性のものは普通に鉢植えとして楽しみ、下垂性のものはハンギングバスケットに植えたり鉢植えの場合でもつり鉢を用いて目線より上の場所に飾って見上げるようにするとより美しく鑑賞することができます。

花は一重、八重があり色は、ピンク、白、赤、紫などがあります。花のかたちもほっそりしたものからボリュームのあるものまでたくさんあります。毎年花を咲かせるので一つあってもよいかもしれません




2012年07月13日(Fri)▲ページの先頭へ
日々草
我が家の花です。「ヤサシイエンゲイ」には次のような解説がありました。

主に夏から秋に花壇や鉢植えで楽しむ草花です。排気ガスなど大気汚染に対する耐性も強いので、道路沿いの花壇でも活躍しています。自生地では毎年花を咲かせて生長し、低木状になります。日本では霜の降りる頃に寒さで枯れることが多いので、一年草として扱います。基本は春にタネをまいて夏から秋に花を楽しみます。日本には江戸時代中期に入ってきたとされます。種々のアルカロイドを含み、薬用植物としても知られています。

花は短命で3〜5日しか保ちませんが、毎日絶え間なく新しい花を咲かせるところからニチニチソウ(日々草)の名前があります。以前はビンカ属に分類されていたので、その名残でビンカと呼ばれることもあります。







2012年07月12日(Thu)▲ページの先頭へ
名前が分かりませんが、きれいな花です
我が家の花でした。ずっーと自分なりに調べてみたのですが、名前が分かりません。キンシバイより小さな花です。しべが上向きになっています。花後には赤いこれも小さな実を付けていました。

何方か分かる方がいらしたら教えて下さい。


花です。




花後の実です。



2012年07月11日(Wed)▲ページの先頭へ
パンドレア・ヤスミノイデス
我が家の花です。この花が咲くともう夏本番と感じます。実際はまだ梅雨真っ盛りですが・・もう夏は近いと思います。7/19頃梅雨明けとTVの天気予報では言ってました。

「パンドレア・ヤスミノイデス」はノウゼンカズラ科。パンドレア属。原産地はオーストラリアです。

花は漏斗(ろうと)状鐘型、花の中心部は濃桃色です。花色は白〜淡桃色があるようです。

別名は「ソケイノウゼン」とか葉がナンテンに似ているので「ナンテンソケイ」とか呼ばれているようです。




2012年07月10日(Tue)▲ページの先頭へ
ガーベラ
我が家の花です、母が100円で見切り品を買ってきました。なかなか良い感じです。

ガーベラはアジア・アフリカの山野に約40種類が分布する、毎年花を咲かせる多年草です。園芸では鉢花・切り花など広く利用され、多数の園芸品種が存在します。現在ガーベラとして広く普及している園芸品種は、南アフリカ原産のジャメソニーという種を中心に、数種を掛け合わせて改良されたものが大元となっています。日本には明治末に渡来しました。「ヤサシイエンゲイより引用しました」







1 2 3    全90件


h123bouの自由文言1
何でも思いついたものを紹介します。



h123bouの自由文言2

カレンダ
2012年12月
           
         

アーカイブ
2005年 (99)
9月 (9)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (31)
2006年 (351)
1月 (29)
2月 (26)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (30)
6月 (28)
7月 (29)
8月 (31)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (30)
12月 (28)
2007年 (354)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (30)
8月 (30)
9月 (28)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (27)
2008年 (308)
1月 (26)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (24)
12月 (23)
2009年 (263)
1月 (17)
2月 (24)
3月 (30)
4月 (28)
5月 (4)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (30)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (11)
12月 (12)
2010年 (175)
1月 (19)
2月 (18)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (20)
6月 (8)
7月 (9)
8月 (2)
10月 (13)
11月 (18)
12月 (17)
2011年 (59)
1月 (19)
2月 (8)
3月 (4)
5月 (16)
6月 (11)
8月 (1)
2012年 (90)
2月 (4)
3月 (2)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (21)
7月 (28)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (6)
12月 (3)
2013年 (13)
10月 (13)
2014年 (2)
6月 (2)
2015年 (10)
11月 (10)
2016年 (210)
3月 (1)
4月 (9)
5月 (18)
6月 (16)
7月 (9)
8月 (34)
9月 (19)
10月 (24)
11月 (37)
12月 (43)
2017年 (310)
1月 (46)
2月 (44)
3月 (45)
4月 (24)
5月 (28)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (25)
10月 (18)

アクセスカウンタ
今日:3,469
昨日:3,177
累計:3,343,808