h123bouの日記 - 2008/08

h123bouについて




2008年08月27日(Wed)▲ページの先頭へ
お知らせです
突然ですが、今日から31日の日曜日まで夏季休暇を貰いました。遅い夏休みです。家でのんびりします。ブログ更新はお休みします。


2008年08月26日(Tue)▲ページの先頭へ
百日紅(サルスベリ)
我が家の花です。

「百日紅(さるすべり)」はミソハギ科。中国原産の落葉樹で、夏を代表する花木のひとつです。名前は幹がつるつるしていて猿も滑り落ちてしまうという意味に由来します。

夏の間次々と花を咲かせ続け開花期間が長いので「百日紅(ヒャクジツコウ)」の別名もあります。花びらのフチが細かくフリル状になります。花色は燃えるような紅、ピンク、白などがあります。









2008年08月25日(Mon)▲ページの先頭へ
赤色が鮮やかです
今日は赤色がきれいな花を2つ紹介します。1つは我が家の花でもう一つは病院の花壇にありました。

まずは我が家の花から「鳳仙花(ほうせんか)」はツリフネソウ科。ツリフネソウ属。原産地はインドらしいです。東南アジアという説もあります。日本には17世紀頃渡来したそうです。

小学校の理科、ゆとり教育の見直しで時間数が算数ととも増えるそうですが、ちょっと脱線しました。理科の実験で茎の柔らかさを利用し、茎の断面の観察や、赤インクを吸い上げさせて導管の観察などに利用されていたようです。今もあるのでしょうか?

島倉千代子(若い方はご存じないかもしれません)が歌っていたヒット曲に「鳳仙花」がありました。これも多分ご存じないでしょう。またまた脱線しました。



病院の花壇でみた「源平木(ゲンペイボク)」はクマツヅラ科。クサギ属。原産地は西アフリカです。色々な名前があるようです。旗の色が源氏と平家の赤白の様から来ているとのことです。どちらが赤白かは分かりません。白い苞と赤い花がきれいでした。







2008年08月23日(Sat)▲ページの先頭へ
白粉花(オシロイバナ)
この漢字は難しいです。これでオシロイバナとは読めません。

さて、咲いていたのはある学校です。花壇にありました。偶然発見しました。夕方だったので開花していたようです。

「白粉花(おしろいばな)」はオシロイバナ科。オシロイバナ属。原産地は南米(メキシコ)です。ペルーという説もあるようです。オシロイバナの名前の由来は種子の中のでんぷんが「おしろい」のような質感を持っていることに由来するそうです。日本には江戸時代初めに渡来していたようです。

花色は赤、白、黄色があるようです。1本の茎から違う花色が出てくるのはオシロイバナくらいでしょう。不思議な花ですね。




もっと不思議な花色も見ました。




明日は定時の更新お休みです。


2008年08月22日(Fri)▲ページの先頭へ
大夫回復しました。
昨日は最悪だった体調も何とか回復です。薬を飲んで(毎日飲んでいますが)早めに寝たのが良かったようです。朝にはきちんと起きることが出来て出勤出来ました。職場でも仕事は普通にできました。始業から終業まで医務室や休憩室にも行くことなく仕事ができました。良かったです。週末ということも良かったかも知れません。今日を乗り切ったら連休ですので、心も落ちついていたと思います。

とにかく無理せず今日も早めに寝て明日はゆっくりします。オリンピックも気になりますが、身体の方が大事です。明日はTV観戦とします。気がつけばもうオリンピックは終わりなんですね。

今日は家の近所で見かけた「ポーチュラカ」です。ポーチュラカはスベリヒユ科。スベリヒユ属。原産地は温帯〜熱帯の各地(どこにでもあるということですね)です。

ポーチュラカ(花すべりひゆ)は暑さに強く、直径2〜3センチほどのカラフルな花がたくさん咲くとても丈夫で育てやすい植物です。写真のなかでは薄い黄色が好きです。







2008年08月21日(Thu)▲ページの先頭へ
今日は体調が悪いので・・・
今日は体調が悪いので、すいませんが、お休みします。出勤はしていますが、全然仕事になりませんでした。休憩室と医務室にいて時間が過ぎました。明日はどうしようか今判断に迷っています。取り敢えず早めに寝ることにします。薬はあります。ビタミン剤をいつもより1錠多く飲んで寝ます。

そういう訳で、またまた「向日葵(ひまわり)」と「サルビア・スプレンデンス」です。この向日葵は高さが1メートルありません。花も小型です。サルビアは赤がきれいでした。サルビアの典型的な代表です。







2008年08月20日(Wed)▲ページの先頭へ
ペンタス
我が家の花です。母が買ってきました。今は玄関にあります。

「ペンタス」はアカネ科。ペンタス属。原産地は熱帯アフリカ〜アラビア半島だそうです。写真では分かりづらいですが5弁の星形の小さな花を一箇所に房状にまとめて咲かせます。

開花期は秋まで長期間花を咲かせ続けます。赤、白、ピンクなどの花色があります。我が家では4色集まりました。










2008年08月19日(Tue)▲ページの先頭へ
夏の花と言えば・・・
夏の花と言えばやはりこれは外すことは出来ないですね。ようやく見つけました。病院で開花しているのをみました。

「朝顔」は昼顔科。サツマイモ属。科も属も意外で、面白いです。原産地は中国です。夏から秋まで咲くそうです。最近は昼でも咲く品種があるそうです。写真の朝顔は朝撮影です。平安時代に日本に渡来だそうです。





「ヒマワリ」はキク科。ヒマワリ属。原産地は北アメリカです。16世紀にイギリスに伝わり、「太陽の花」と呼ばれるようになったそうです。オランダの画家ゴッホが好んで描いた花のひとつです。切り花のヒマワリもありました。こちらは矮小性のヒマワリみたいです。詳しくは分かりません。






2008年08月18日(Mon)▲ページの先頭へ
今日は黄色です
今日は黄色の花を集めてみました。

「パキスタキス・ ルティア」はキツネノマゴ科。原産地はペルーらしいです。白いのが本当の花で、黄色は実はホウです。


「サンビタリア」はキク科。サンビタリア属。原産地はメキシコ、グアテマラです。小さな小さなヒマワリみたいです。これも私が勝手に思い込んだ名前かも知れません。


「キク」名前不明です。シロタエギク?かも知れません。葉っぱは似ているのですが、・・・。花弁が違うかなあ。ちょうど蜂がいましたので写してみました。







2008年08月16日(Sat)▲ページの先頭へ
パボニア・インテルメディアほか(温室の花)
いつもの大分市の佐野植物公園の温室にあった花です。

「パボニア・インテルメディア」はアオイ科。パボニア属。ブラジルが原産です。真っ赤に目だつのは苞で、花弁は濃紫色です。


真っ赤が目立つと言えばこの花も外せません。

「ニューギニア・インパチェンス」はツリフネソウ科。ツリフネソウ属。原産地はもちろんニューギニアです。1960年頃発見されたインパチェンスから改良された園芸品種です。アメリカ、アイオワ大学で育成された品種群に特に「ニューギニア・インパチェンス」の名前が付けられたのが始まりです。 それを元にドイツで改良、育成され育てやすくバラエティーに富んだ 品種がたくさん生み出されました。普通のインパチェンスに比べて花も大きいです。


「ミッキーマウスの木」はオクナ科。オクナ属。原産地は南アフリカです。実の部分を ミッキーマウスの顔にたとえたものです。なんとも珍しい形の実です。「王冠」にも見えます。撮影したときはまだ緑色の実もありました。遠く離れたところにあって、おまけに小さな実です。拡大してやっとこの大きさです。


明日は定時のお休みです。


2008年08月15日(Fri)▲ページの先頭へ
百日草(ヒャクニチソウ)
我が家の花です。

「ヒャクニチソウ」はキク科。ジニア(ヒャクニチソウ)属。原産地は中央メキシコです。
夏に強くて花持ちが良いので名前がつけられたようです。日本には明治の終わりに渡来したそうです。ダリア咲き、ポンポン咲き、カクタス咲き、など花形も色々あるようです。
巨大輪系、大輪系、中輪系、小輪系など多様な品種があります。











2008年08月14日(Thu)▲ページの先頭へ
桔梗(キキョウ)
キキョウの漢字は難しいですね。なかなか書けないです。

これも我が家の花です。

「キキョウ」はキキョウ科。キキョウ属。紫と白があります。紫は今年は早く咲いていました。あまり多くは咲いていませんでした。


白が遅れて咲き始めました。こちらは沢山咲いています。つぼみもありました。面白い形をしています。触ると「ポン」と音をたてそうです。星形の花がどちらもきれいです。







2008年08月13日(Wed)▲ページの先頭へ
我が家の花たち
我が家の花たちです。2つしかありませんので「たち」は少し大げさでした。すいません。

「オオシマノボタン」はメラストマ科。カンデデューム属。原産地は沖縄、奄美大島、ベトナムです。初めてみたときは、「わあ〜小さなノボタンだあ〜」と思いました。姿形は同じです。科も属も違いますが、よく似ています。


「ヤナギバルイラソウ」はキツネノマゴ科。ルイラソウ属。ヤナギバルイラソウの花冠は、5つに深く切れており、花弁に多数のしわが見られます。花が終わるとがくとめしべを残して、花冠がそっくりそのまま落ちます。いわゆる一日花です。ですが、毎日次々と咲きます。





2008年08月12日(Tue)▲ページの先頭へ
ニチニチソウですが・・・
我が家の花です。夏になってぐーんと花がいっぱい咲きました。

「フェアリースター・極小輪ニチニチソウ」はキョウチクトウ科。原産地は熱帯アジアです。フェアリースターは第一園芸さんだけの名前のようです。その名の通り非常に小さいです。花径1センチぐらいでしょう。それでもこうして集まると見応えはあります。


「チュラビンカ」はキョウチクトウ科。原産地はマダガスカルです。沖縄で生まれた品種です。こちらは花径4センチぐらいでしょうか?「ビンカ」の改良だそうです。次々と咲いてくれます。10月頃まで楽しめそうです。




2008年08月11日(Mon)▲ページの先頭へ
フウセントウワタ
近所にありました。おばあちゃんの散歩道の近くです。

「フウセントウワタ」はガガイモ科。トウワタ(フウセントウワタ)属。原産地は南アフリカです。日本へは1936年頃入ったといわれ、最初はフウセンダマノキ(風船玉の木)という和名で紹介されたそうです。

実はいがいががありますが、全然痛くないです。秋には割れて中から綿毛が出て来ます。

花言葉がいいです。実は「いっぱいの幸せ」です。どんな幸せが詰まっているのでしょう?





2008年08月10日(Sun)▲ページの先頭へ
寄せ植えがきれいでした
病院のコンテナで寄せ植えになっていました。今日は本来ならお休みのはずですが、頑張ってみました。無理はしていません。体調も随分と回復しました。

「ストレプトカーパス・サクソルム」はイワタバコ科。ストレプトカルプス属。原産地はケニア・タンザニアです。花柄が長く伸びて垂れ下がりながら可憐な淡紫色の花が咲きます。

「ウモウケイトウ」はヒユ科。ケイトウ属。原産地は熱帯アジア、インドです。これは過去にも紹介しました。



2008年08月09日(Sat)▲ページの先頭へ
植物園でみた花
大分市の佐野植物園で見ました。

「アゲラタム」はキク科。アゲラタム属。原産地はメキシコ、ペルーです。花期が長い花です。5月〜11月頃まで咲きます。温室でみました。


「アラマンダ」はキョウチクトウ科。アラマンダ属。原産地は南米ギアナです。園芸種が多いようです。私がみたのは黄色ですが、他の色もあるようです。


「ダツラ」はナス科。チョウセンアサガオ属。原産地は中南米、インドです。温室では常時開花しています。この種は初め白色で段々オレンジ色に変わる花です。


体調不良の為簡単ですが、すいません。



2008年08月08日(Fri)▲ページの先頭へ
サポナリア
近所に咲いています。毎年今頃出てきます。白い色がまぶしい花です。

「サポナリア」はナデシコ科。シャボンソウ属。原産地はヨーロッパ、西アジアです。葉を水に浸すと石けんのような泡が出るらしいです。「サポナリア」の名前はラテン語の「石けん」に由来します。別名は「シャボンソウ」、「ソープワート」です。

花言葉は「友との思い出」だそうです。

今日は体調が悪いです。やっと出勤は出来ました。職場ではかなり苦しかったです。週末を迎えて少しのんびりできるかなと思っていましたが、体調が戻らないことには話になりません。薬を飲んで早めに寝ます。



2008年08月07日(Thu)▲ページの先頭へ
名前不明です
通勤中気になった花がありました。「ルリマツリ」と「ブラシノキ」かな?と思いましたが、改めて撮影してみると違うようです。民家の植え込みにありました。

名前が分かると良いのですが、取り敢えず載せておきます。宜しくお願いします。1枚目は少し小さい花です。2枚目もアップにして撮影しています。実際は小さな花です。

花の掲示板で尋ねようかとも思いましたが、過去に苦い思いをしたので、止めておきます。そこで、花の名前が知りたかったのですが、花についてのことを知っていて当然みたいな書き込みをされて嫌な思いをしました。何故怒られなければならないのか不満でした。以来そこは利用しまいと思いました。





2008年08月06日(Wed)▲ページの先頭へ
ニチニチソウ
我が家の花です。一夏中咲きます。

「ニチニチソウ」はキョウチクトウ科。原産地はマダガスカルです。花は直径3〜4センチ程度で花弁は5裂し、色は白、ピンク、赤、赤紫などがあり中心だけ色が違うものもあります。初夏から晩秋まで次々に咲くので「日々草」というそうです。

(出典:ウィキペディアより引用しました。)











2008年08月05日(Tue)▲ページの先頭へ
モミジアオイ
我が家の花です。8月になってようやく開花しだしました。

モミジアオイ」はアオイ科。フヨウ属。北アメリカ原産です。葉が深く 5 裂し,葵の仲間であることから,「紅葉葵」という名前がつけられました。雌しべ・雄しべの様子は同じ仲間のハイビスカスなどと同じです。

私はこの花の名前は「モミジアオイ」と思い込んでいました。今日間違いに気が付きました。




2008年08月04日(Mon)▲ページの先頭へ
最近見た花
最近みた花たちです。場所はばらばらです。

「ギボウシ」はユリ科。ギボウシ属。ギボウシ(ホスタ)は、東アジアに分布し、特に日本に多く自生しています。江戸時代より鑑賞用に植えられ、シーボルトがヨーロッパへ持ち帰って以来、多くの品種が欧米に渡り、特にアメリカで、多くの品種が交配され、作り出されたそうです。


「ノコギリソウ」はキク科。ノコギリソウ属。原産地はヨーロッパです。葉が櫛の歯状にまるで鋸のようにギザギザに切れ込んでいるところから名付けられたそうです。白またはピンク色の花が咲きます。


「セイヨウニンジンボク」はクマツヅラ科。ハマゴウ属。原産地が地中海沿岸地方です。全体にかすかな芳香があるので香料として用いられるほか、女性ホルモンを整える薬用としても古くから利用されているとのことです。盛夏期、花が少なくなる時期に涼しげな花を咲かせる花木です。




2008年08月02日(Sat)▲ページの先頭へ
木槿(ムクゲ)
私の家の近所にありました。ムクゲの漢字が読めた方はすごいです。PCのおかげでようやく分かっています。

「ムクゲ」はアオイ科。フヨウ属。原産地は中国・インドです。ムクゲはハイビスカスと同じ仲間だそうです。しかし、受ける印象はかなり違いますね、花色の違いでしょうか?

カラフルな印象のある「ハイビスカス」とどちらかと言うと地味なイメージの「ムクゲ」が同じ仲間というのも面白いです。

一重、白色、八重がありました。個人的には白色が好きです。

明日のブログ更新は定時のお休みです。








2008年08月01日(Fri)▲ページの先頭へ
温室でみた花
大分市の佐野植物公園の温室で見ました。

「ディアンテラ・ノドサ」はおそらく学名でしょう。キツネノマゴ科。ディアンテラ属。原産地はブラジルです。高さは1メートルほどになります。葉腋に穂状花序をだし、ピンクがかった紅色の唇状花を咲かせます。温室では真夏以外、周年開花しているそうですが、私は初めて見ました。


「ツンベルギア・アフィニス」はキツネノマゴ科。ツンベルギア属。原産地は熱帯アフリカです。花径4pほどのブルーの花で、中心部(喉部)は濃黄色、筒の部分は白色で、三色のコントラストが美しい花です。




   


h123bouの自由文言1
何でも思いついたものを紹介します。



h123bouの自由文言2

カレンダ
2008年8月
         
           

アーカイブ
2005年 (99)
9月 (9)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (31)
2006年 (351)
1月 (29)
2月 (26)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (30)
6月 (28)
7月 (29)
8月 (31)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (30)
12月 (28)
2007年 (354)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (30)
8月 (30)
9月 (28)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (27)
2008年 (308)
1月 (26)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (24)
12月 (23)
2009年 (263)
1月 (17)
2月 (24)
3月 (30)
4月 (28)
5月 (4)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (30)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (11)
12月 (12)
2010年 (175)
1月 (19)
2月 (18)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (20)
6月 (8)
7月 (9)
8月 (2)
10月 (13)
11月 (18)
12月 (17)
2011年 (59)
1月 (19)
2月 (8)
3月 (4)
5月 (16)
6月 (11)
8月 (1)
2012年 (90)
2月 (4)
3月 (2)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (21)
7月 (28)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (6)
12月 (3)
2013年 (13)
10月 (13)
2014年 (2)
6月 (2)
2015年 (10)
11月 (10)
2016年 (210)
3月 (1)
4月 (9)
5月 (18)
6月 (16)
7月 (9)
8月 (34)
9月 (19)
10月 (24)
11月 (37)
12月 (43)
2017年 (310)
1月 (46)
2月 (44)
3月 (45)
4月 (24)
5月 (28)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (25)
10月 (18)

アクセスカウンタ
今日:3,467
昨日:3,177
累計:3,343,806