h123bouの日記 - 2008/06

h123bouについて




2008年06月30日(Mon)▲ページの先頭へ
6月最後なので・・・
我が家の花です。6月も今日で終わりですね。あっという間に半年が過ぎました。先週は散々でした。心機一転7月から頑張ります。

さて、6月も最後(くどい!)なので、「ジューンベル」を載せます。ジューンベルはキキョウ科。カンパヌラ属。原産地はイタリア南部とかききました。カンパヌラジューンベルというのがあって我が家のはそれを品種改良したものです。星形がきれいな花です。小型でハンギングバスケットなどにいいようです。



2008年06月28日(Sat)▲ページの先頭へ
オーストラリアンベルズ
お騒がせしています。今日も点滴を受けてきました。お医者さんの話では随分良くなっているとのことでした。焦らないで、徐々に良くなるからとも言われました。確かにその通りだと思いました。

今日の花は我が家の花です。知人からの頂き物です。 名前の通りオーストラリア原産です。トベラ科の常緑つる性低木です。半蔓性の小さなベル型のお花です。弱そうに見えて意外に強いんですよ。暑さも寒さも大丈夫!だそうです。

明日は定時の更新お休みです。





2008年06月27日(Fri)▲ページの先頭へ
アジサイ
管理者おすすめで20位でした。訪問して下さった方々有り難うございます。これからも良ければお立ち寄り下さい。

我が家のアジサイです。一度登場していますが、再度違う色で・・・・。白もあったのですが母が既に切ってました。「ガクアジサイ」とは違って西洋アジサイですが、またこれはこれで良い感じかな?と思います。

「アジサイ」はユキノシタ科(アジサイ科)。アジサイ属。原産地は日本です。ガクアジサイを改良したもの?その辺はよくわかりません。

体調よくありません。ついに今週は一度も出勤しませんでした。職場には相当迷惑かけています。明日も点滴をする予定です。月曜日は完全に良くなって出勤します。今日、明日が大事です。薬を飲んでゆっくり休養します。焦りますがどうしようもない状態が続いています。今日も朝から点滴を受けました。咳がまだ出ます。出始めるとしばらく止まりません。









2008年06月26日(Thu)▲ページの先頭へ
トレニア(ナツスミレ)
今日は出勤途中で突然気分が悪くなり暫く車を停めて様子をみてました。どうしても体調が戻りそうにないので仕方なく職場に電話を入れてすぐに病院に行きました。まだ気管支炎が良くなっていなかったようです。診察後、点滴を受けました。帰宅ごは寝ていました。帰宅したときの顔色は青白かったそうです。気分が悪くなり何回か戻しました。夕方までそれは続きました。明日は出勤できるといいのですが・・・。

今日の花は「トレニア(ナツスミレ)」です。ゴマノハグサ科。トレニア属。原産地は熱帯アジア(インドシナ)です。花は5弁花で、白・ピンク・紫・黄等の色があるそうです。ゴマノハグサ科特有の唇形花です。花びらの外側と内側で色が違います。






2008年06月25日(Wed)▲ページの先頭へ
体調不良が続いています
今日の朝から頭痛と咳がひどいです。それでやむなく仕事を休みました。これで今月は9回目のお休みになりました。職場には迷惑かけています。状態が悪いのでどうしようもないです。

きょうの花は我が家の花です。「フクシア」です。フクシアは赤花(あかばな)科。フクシア属。原産地は南アメリカです。色違いで2つあります。最後は病院の玄関に寄せ植えでありました。ちょっと小型かなと思います。「うもうけいとう」も見えます。








2008年06月24日(Tue)▲ページの先頭へ
ブーゲンビレア
大分市の佐野植物公園でみました。

「ブーゲンビレア」はオシロイバナ科。ブーゲンビレア属。原産地は南米です。この花(みたいに見える)が現れると夏がきた感じがします。花色は色々あるようです。私がみたのは2色でした。

花のようにみえるのは「庖(ほう)」です。これが3個集まって1つの花のようにみえます。本当の花は真ん中にみえる白い小さな花です。

実は一昨日から急性気管支炎でした。仕事を休んでいました。明日は体調も持ち直したみたいなので職場に行けると思います。上司から何か言われるのではと心配しています。お休みは手続きに乗っ取ってやりました。正規のお休みです。





2008年06月23日(Mon)▲ページの先頭へ
不思議な形をした花
大分市の佐野植物公園でみました。両方とも木の花です。

「キングサリ・ハイブリッド」はマメ科。ラブルヌル(キングサリ)属。原産地はヨーロッパ中南部です。鮮黄色の蝶型の花が咲くので別名「キバナフジ」ともいうそうです。ヨーロッパではポピュラーな花木だそうです。キングサリとハイブリッドの関係はイマイチ分かりませんでした。


「ピンポンの木」はアオギリ科。ピンポンノキ属。原産地は中国南部です。小さな竹細工でできたみたいな花が房状についています。卓球のピンポンとは関係がないようです。(^_^)




2008年06月21日(Sat)▲ページの先頭へ
イキシア
大分市の佐野植物公園でみました。

「イキシア」はアヤメ科。イキシア属。原産地は南アフリカです。イキシアの仲間は南アフリカに約50種類が自生している球根性の植物です。鋭い感じの葉っぱと針金みたいな細長い茎はシャープなイメージを感じさせます。花色は白、黄色、赤、ピンク、紫など非常に多彩で鮮やかで人目を引きます。

これは時期的に過ぎていたようで状態はあまり良くなかったです。きれいな時期に撮影したかったですね。しかし、遠目にみたときは大丈夫です。(*^_^*)

明日はブログ更新はお休みです。









2008年06月20日(Fri)▲ページの先頭へ
ダリア
撮影は大分市の佐野植物公園です。

「ダリア」はキク科。ダリア属。原産地はメキシコです。夏から秋にかけて開花し、大きな花輪と色鮮やかな花色と咲き方が特徴です。

残念なことに一部傷んでました。本来はきれいなのでしょうが、惜しいです。今回は数で・・・。













2008年06月19日(Thu)▲ページの先頭へ
黄色の花
私の職場で今、ミニトマトキュウリを作っています。今日はその花です。

「ミニトマト」はナス科。ナス属。原産地は南アメリカです。

「キュウリ」はウリ科。キュウリ属。原産地はインド、ヒマラヤ山麓です。

何故植えているかは話が長くなりますので割愛します。上手く収穫出来れば7月、8月頃にできそうです。

同じ黄色の花です。1枚目がミニトマトです。キュウリは赤ちゃんらしきものが見えます。トマトもここには写っていませんが、青い赤ちゃんが出来ています。







2008年06月18日(Wed)▲ページの先頭へ
ご心配頂き有り難うございます。
 今日は出勤しました。朝起きたら目眩も幾分治まっていて、これならいけると思い出勤しました。車の運転が怖かったです。何時また目眩がおこるか分からなかったので、慎重に運転しました。日頃から安全運転ですが・・・。仕事も少し内部操作してもらい仕事を軽減してもらいました。今日は「ノー残業デー」ということで早めの帰宅ができて良かったです。帰りは目眩もおこらず無事に自宅に到着しました。

週休5日ですのであと2日出勤です。あと1日、1日と積み重ねていければと思っています。平日診察も現状では内科しか出来ず(本来の診察予定は7月5日予約です)平日診察も出来るのですが、予約が優先されますので順番がずーっと遅くなります。今週まだ調子が悪ければ平日診察を受けなければならないと思っています。朝から順番待ちはしたくないですが、どうしてもの場合も頭に入れて置きます。薬は1ヶ月分処方されています。ので、薬切れはありません。今までは2週間ごとの診察でした。それが1ヶ月になりました。7月の診察からまた2週間ごとに戻してもらおうと思っています。

今日の花は「カリフォルニアローズ」です。ツリフネソウ科。ツリフネソウ属。原産地は東・南アフリカです。インパチェンスは、丈夫で花期も長く、日照の条件の悪いところでも咲きつづけるためにとても人気があります。たくさんの花色があり、様々なコンテナガーデンの寄せ植えにもアレンジされています。


その中でも特に人気があるのは、写真のような八重咲きのインパチェンス、 カリフォルニアローズ で、インパチェンスという名より、「カリフォルニアローズ」という名だけでも通るほどです。「バラ咲きインパチェンス」との異名があるそうです。





2008年06月17日(Tue)▲ページの先頭へ
体調不良どうもはっきりしません。
最近は体調が悪くて仕事もずーっと休んでいます。行こうにも目眩や下痢、頭痛などがありいわゆる体調不良です。明日は何とかと思いながら今日まできました。一日薬を飲んで寝ています。体調は元にはなかなか戻りません。明日はいけると良いなあと思います。

「オオキンケイギク」はキク科。ハルシャギク属。北アメリカ原産の帰化植物であり、栽培されていたものが野生化したものです。帰化植物ではあっても花が美しいので、移植されたり刈り残されたりした。根はよく発達し、荒地でもよく生育するので、近年は法面などにワイルドフラワーとして播種されたことも加わって、各地に広がっているようです。外来特定生物だそうです。

「紫陽花(アジサイ)」は、アジサイ科。アジサイ属の植物の総称です。学名は「水の容器」という意味で、そのままヒドランジアあるいはハイドランジアということもあるそうです。日本原産です。このアジサイは西洋アジサイです。ガクアジサイの改良されたものです?








2008年06月16日(Mon)▲ページの先頭へ
ゼラニュームの仲間
我が家の花ですが、多分3つとも「ゼラニューム」かな?と思います。

「ゼラニューム」はフウロソウ科で丈夫で作りやすく、美しいので、昔から根強い人気があります。原産地は南アフリカです。

花 は赤、桃、赤紫、白と複色があり、八重咲きが多く、四季咲き性です。葉は紋様のあるものが多く、美しい斑入り種もあります。 なお、ゼラニュームは園芸上の名称で、ペラルゴニウム属に属し、仲間には蔓性のアイビーゼラニューム、大輪夏咲きのペラルゴニュウム、香りのよいカオリゼラニュームなどがあるそうです。








2008年06月14日(Sat)▲ページの先頭へ
花菖蒲(ハナショウブ)が開花しました
我が家の花です。2年目の花と1年目の花です。2年目はやはり小型です。1年目は大きいです。写真では同じような大きさにみえます。

「ハナショウブ」はアヤメ科アヤメ属の一種で、日本に自生する「ノハナショウブ」から改良された園芸種であり、古くから鑑賞用に栽培されてきました。園芸品種は多数あり、江戸系、肥後系、伊勢系などの系統に分かれているそうです。1枚目が2年目の花です。

今日は投稿が随分遅くなりました。Windows Vista Service Pack1のインストールをしていました。どこが違うのかは分かりません。(^_^;)

明日は定時のお休みです







2008年06月13日(Fri)▲ページの先頭へ
週末になると疲れが・・・
仕事をお休みしました。なかなか考えた通りにはいきませんね。今日は週末で本来ならば夕方は精神的にかなりゆっくりできるはずですが、お休みしたのでそれもないです。朝から起き上がれずずーっと寝ていました。

少し身体が疲れているんだと思います。昨日がMAXでした。早く寝たんですが、それも効果はありませんでした。来週は元気に出勤したいと思います。2日間の連休で体力が戻ればいいなあと思っています。

明日は病院に行きます。血液検査(採血)もしたので結果も気になります。

さて、今日の花は撮影したのが5月中旬でした。名前がわからずそのままパソコンに眠っていました。普通の民家にあったと思います。せっかくですので載せます。名前がわかると嬉しいです。







2008年06月12日(Thu)▲ページの先頭へ
アジサイですが・・・
大分の今朝方まで降った大雨で1人亡くなり1人行方不明が出ました。お気の毒です。

さて、今日はアジサイですが・・・。変わったアジサイです。

ピラミッドアジサイ」です。ユキノシタ科。ハイドランジア(アジサイ)属。原産地は日本、中国、台湾、サハリンです。ノリウツギの園芸種で、暖地では花がややグリーンに変化し、寒冷地ではピンクに変わるそうです。我が家の花です。みたところ「カシワバアジサイ」と思いました。少し違うようです。縦に広がるようです。少し痛んでいます。遠目にはまだまだみることが出来ます。マクロにしてない撮影です。

カシワバアジサイ」はユキノシタ科。ハイドランジア属。原産地は北米です。葉は切れ込みがあり、葉が柏に似ているのでこの名があります。長い花穂はとても豪華で、一般のアジサイにはない魅力を持っています。この花は横に広がるようです。葉に特徴があるのが分かるように撮影してみました。

どうでしょうか?(^_^)




2008年06月11日(Wed)▲ページの先頭へ
ガクアジサイ
またまた管理者おすすめ人気ブログ20位でした。訪問して下さった方々有り難うございます。

大分も梅雨入りして昨日から大雨です。明日午前中一杯は降るようです。夕方大雨警報が出されました。

「ガクアジサイ」はアジサイ(ユキノシタ)科。ハイドランジア属。原産地は日本です。我が家のガクアジサイです。花色が微妙に違っています。「ガクアジサイ」は花序の周辺に装飾花があり、中央部は両性花になっています。花色は青、桃、白です。最近は「ガクアジサイ」が多く出回るようになってます。








2008年06月10日(Tue)▲ページの先頭へ
墨田の花火
今日は九州北部も梅雨入りしたようです。昨年より3日遅く、平年では6日早いとか言っていました。明日は雷を伴って激しい雨が降るような予報でした。

さて、今日の花は「紫陽花(アジサイ)」です。「墨田の花火(すみだのはなび)」です。ユキノシタ科。アジサイ属。最近非常に人気が高いらしいです。「額紫陽花(ガクアジサイ)」の品種で,周りの装飾花が八重です。夜空に開く花火をイメージさせる命名ですね。(^o^)

純白とピンクをみました。ピンクは我が家の花です。純白はご近所の花です。





2008年06月09日(Mon)▲ページの先頭へ
体調戻りました
体調は回復しました。今日は出勤できました。ご心配かけました。

我が家の花とご近所の花です。

「シキミ」はモクレン科。シキミ属。 これは我が家の木の花です。分布地は本州以南です。葉の付け根に花をつけます。葉は10センチぐらいの長楕円で光沢があります。花径3センチ程度です。地味な感じに咲きます。何か勲章みたいな形にみえますね。



「アイリス系の花」はジャーマンアイリスでしょうか?ご近所の花です。どこか豪華な感じがします。アヤメ科の花ですね。このての花はみな同じにみえてしまいます。困ったものです。(^^;)








2008年06月07日(Sat)▲ページの先頭へ
体調不良でお休みします
またまた管理者おすすめ人気ブログで20位でした。訪問してくださった皆さんどうも有り難うございます。

さて、今日は体調不良でブログ更新はお休みします。明日は定時のお休みです。2日間お休みします。体調が戻ると良いのですが・・・。写真はジャーマンアイリス?でしょうか。どうもはっきりしません。







2008年06月06日(Fri)▲ページの先頭へ
シラーとベゴニア
この花は5月中旬に咲いていたものです。

シラー」はユリ科。シラー属。原産地は地中海沿岸で,日本にはかなり古くから輸入されたそうです。青や紫の星形の花が集まって咲きます。

もう一つは「ベゴニア」と思います。八重が面白いです。

今日は風邪症候群で仕事を休みました。体調は不安定です。点滴を受けました。熱もあります。やっと夕方起きてこれを書いています。今週は2日間しか仕事に行けませんでした。体調不良なので仕方がないですが、同僚に迷惑かけて申し訳ないという想いが強いです。来週までには体調を良くして出勤したいと思います。






2008年06月05日(Thu)▲ページの先頭へ
アヤメ他(ほか)
またまた管理者おすすめ人気ブログ20位でした。訪問して下さった方々どうも有り難うございます。
さて、6月と言えば花菖蒲(はなしょうぶ)の咲く時期ですね。今日は公開時期を逸した花で5月半ばに咲いていたアヤメ他の花の紹介です。詳しくは分かりません。見慣れない花色もありました。アイリス系の花だと思います。

何方か区別がつく方は教えて下さい。お願いします。今日は気分が優れないので簡単にしています。すいません。










2008年06月04日(Wed)▲ページの先頭へ
我が家の花です
我が家の花です。6月ともなると沢山の花が開花して来ますね。今日はそのような花です。

多分「スカシユリ」と思います。黄色の大きな花です。我が家ではもう3年目になります。これ1本だけですが毎年咲く貴重な花です。ユリ科。ユリ属。原産地は日本・朝鮮他です。



「デュランタ・レペンス」と思います。咲き始めです。もう少し長めになると思いますが、今はこれくらいです。クマツヅラ科。属名は不明。原産地は北アメリカ南部〜南アメリカです。枝垂れた先に薄紫色の花を房状に咲かせます。



2008年06月03日(Tue)▲ページの先頭へ
ツユクサ
昨日は私のブログが管理者おすすめ人気ブログで20位でした。訪問して下さった方々どうも有り難うございます。

我が家に咲いていた「露草」です。大分はまだ梅雨入りしていません。しかし、雨は昨日今日とふっています。明日も雨の予報です。いつ梅雨入りするのでしょう?

「ムラサキゴテン」はツユクサ科。ムラサキツユクサ属。原産地はメキシコです。常緑性多年草でツユクサの仲間です。葉をはじめ茎や萼(がく)に至るまで全身紫色に染まる姿が神秘的できれいです。その印象的な草姿で観葉植物や多肉植物として扱われることが多いですが、夏から秋にかけて咲くピンク色〜藤色の花もきれいです。。朝に咲いて、その日の昼までにしぼんでしまう短命な花ですが、最盛期には毎日、次々と咲かせてくれます。


「トキワツユクサ」はツユクサ科。ムラサキツユクサ属。原産地は南アメリカです。帰化植物です。常緑の多年草です。茎および花茎が暗紫色をしています。花は真っ白です。我が家の裏庭の木の下などに群生していました、母が一度抜いたのですがまた出てきているようです。トキワツユクサは観賞用に取り入れられた斑入りの「シロフハカタカラクサ」が逸出して野生化し、斑が消えたものとされています。




2008年06月02日(Mon)▲ページの先頭へ
6月最初の花
6月になりました。昨日はブログ更新はお休みしました。今日が6月最初の投稿です。

「ヤマボウシ」はミズキ科。ヤマボウシ属。初夏に特徴のある花を咲かせて目立ちます。4枚の花弁のように見えるのは総苞(そうほう)であり、その中心に多数の花がつきます。花弁は4枚、雄しべは4本です。和名は「山法師」であり、白い総苞(そうほう)が白いずきんをかぶった山法師を連想することから付けられたそうです。秋には赤いイチゴを連想させるような果実ができ、甘くて食べられると聞きました。





「アジサイ」はユキノシタ科。アジサイ属。梅雨から夏にかけて咲く「アジサイ」は、七変化と言われるように咲いているうちにだんだん色が変化していきます。そのためか花言葉は「移り気」です。そんなアジサイ、原産は日本です。しとしと雨が降る庭に咲くアジサイの花、まさに日本の梅雨の風景です。




   


h123bouの自由文言1
何でも思いついたものを紹介します。



h123bouの自由文言2

カレンダ
2008年6月
         

アーカイブ
2005年 (99)
9月 (9)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (31)
2006年 (351)
1月 (29)
2月 (26)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (30)
6月 (28)
7月 (29)
8月 (31)
9月 (31)
10月 (30)
11月 (30)
12月 (28)
2007年 (354)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (30)
8月 (30)
9月 (28)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (27)
2008年 (308)
1月 (26)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (26)
11月 (24)
12月 (23)
2009年 (263)
1月 (17)
2月 (24)
3月 (30)
4月 (28)
5月 (4)
6月 (29)
7月 (31)
8月 (30)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (11)
12月 (12)
2010年 (175)
1月 (19)
2月 (18)
3月 (27)
4月 (24)
5月 (20)
6月 (8)
7月 (9)
8月 (2)
10月 (13)
11月 (18)
12月 (17)
2011年 (59)
1月 (19)
2月 (8)
3月 (4)
5月 (16)
6月 (11)
8月 (1)
2012年 (90)
2月 (4)
3月 (2)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (21)
7月 (28)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (6)
12月 (3)
2013年 (13)
10月 (13)
2014年 (2)
6月 (2)
2015年 (10)
11月 (10)
2016年 (210)
3月 (1)
4月 (9)
5月 (18)
6月 (16)
7月 (9)
8月 (34)
9月 (19)
10月 (24)
11月 (37)
12月 (43)
2017年 (130)
1月 (46)
2月 (44)
3月 (40)

アクセスカウンタ
今日:2,066
昨日:4,425
累計:2,589,838